読み会フライデーNO.30_WEB_2021/08/20

いつもありがとうございます!NIE.Eカレッジの大石泉です。

「読み会フライデー」は、Manzai会員が、Webセミナーやリアルセミナー、プレゼン等のアウトプットの場面で、最高のパフォーマンスを発揮するためにManzai会員仲間で行っている勉強会です。題材は、前日と当日の日経新聞・朝刊から選んだ自分のトップ記事です。

読み会では、各自のトップ記事を持寄りますが、発表する記事は「自分にとってトップ記事ではないけれど”伝えたい”、”皆の感想や意見を聞きたい”など、自分の心の動きも興味深いです。

では、ピックアップされた記事をいくつか見ていきましょう。本日は、楽しく豊かな女子会となりました(^^)。

8/19 M商品

◎鶏卵卸値、2割下落

・女子会のテーマとして外せなかったのはが、卵の値段。NIE.Eコンテンツの基本中の基本でもあります。下落要因は、暑さ。雌鶏も暑さで参っているのだろうと心配ですが、それ以上に、暑さで家庭用の需要が減っているとのこと。モノの値段は需要と供給で決まりますが、鳥インフルからの回復で供給は増加見込み。涼しくなれば、家庭用の需要は増えそう。ワクチン接種が進み、新規感染者が減れば、外食需要増もありそう。となると、今後の卵の値段は、、、。スーパーに行ったら、卵の値段も要チェックです。

◎中国、原油輸入2割減 環境対策で地方向け絞る

・鶏卵記事の隣には、中国の原油輸入の記事。さすが、M商品の頁です。
世界最大の原油輸入国である中国。環境対策で輸入量を減らしているというのですから、中国政府の脱酸素・環境意識は本物。一党支配の強みとも言えそうです。2割減は凄い!との話になりました。一方、景気減速も背景にありそう。そして、最大輸入国の輸入量の減少にマーケットは敏感に反応。WTI原油価格は、2か月半ぶりの安値に急落。これは、鶏卵と同じく、需要と供給。わかりやすい!

8/19  1面 ワタミ、社員は原則接種

・コロナに大きく影響を受けている外食産業。外食大手のワタミは、社員に原則ワクチン接種を求める。対象社員は全国で約1500人。そして、約7000人のアルバイトにも接種を勧める方針。
読み会では、「先頭を切って、ワクチン接種を勧める渡辺会長はさすがっ」と。そして、賛否両論あるワクチン原則接種談義で盛り上がりました。

ここまでは、8月19日の記事でしたが、8月20日の1面「アフガンの蹉跌 試練の世界秩序」や5面の「輸入コスト増 収益圧迫も 原油高響く 企業、価格転嫁に課題」なども、意見交換。

さらに、皆で「AR」と「VR」の違いを確認しました。(^^)。新聞って、ずんずん繋がって拡がって、超面白いです。

次回は、あなたのご参加をお待ちしています。楽しくインテリジェンスをシェアして、情報感度を磨きましょう(^^)。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均: 5.00 / 5)
読み込み中...