“新聞による経済教育”情報の取り方・活かし方

“新聞による経済教育”情報の取り方・活かし方

身近な新聞を活用し、情報リテラシーと経済知力を高める講座です。

対象者
 社会人   新社会人   学生   生徒   シニア 
こんなあなたにオススメ!

・フェイクニュースでない、正確な情報を取りたい方
・経済常識を身に付けたい方
・金融知識を身に付けたい方
・投資に役立つ新聞情報の活用法を知りたい方
・就活のための企業・業界・職種を研究中の方
・ビジネスコミュニケーション力をアップしたい方

何を習得できるの?

・新聞の時短な読み方
・経済情報・投資情報の取り方と活かし方
・豊かな暮らしのための経済工夫率
・需要と供給のメカニズム
・4大市場の連鎖反応が語れる
・賢い消費のための商品欄の読み方がわかる
・「きっと新聞が好きになります」

カリキュラム
担当講師

大石泉

所要時間

レギュラ―講座「3時間コース」、「6時間コース」のほか、45分、60分、90分など、ご要望に応じます。

内容

【第1部】新聞の基本構成とマクロ経済の読みこなし方
⇒「1面」「総合面」「経済面」ほか
【第2部】世界のヒトモノカネの大きな流れの読みこなし方
⇒「国際面」「アジアBiz」「夕刊」ほか
【第3部】ビジネス&運用ネタ満載の「企業」面の読みこなし方
⇒「企業面」「投資情報面」ほか
【第4部】 企業のコストがわかる!?「商品マーケット」の読みこなし方
⇒「商品欄」「夕刊・マーケット」ほか
【第5部】川上⇒川中⇒川下の捉え方。“風が吹けば儲かる桶屋”の見つけ方
⇒「マーケット欄」「ダッシュボード」ほか

Q&A
Q1:他社の類似セミナーとは何が違うの?
A1:・実際に新聞を開き、赤ペンや蛍光ペンで新聞に書き込んでいく、五感を活用したユニークなセミナーです。
・机上の経済知識ではなく、日々のマーケットという舞台で繰り広げられる“生きた経済“が学びます。
・情報の取り方・活かし方は一生涯のライフススキルです。
Q2:対応可能エリアは?
A2:全国(※講師により担当可能エリアが異なる場合がございます)・WEB
Q3:参加人数の制限は?
A3:参加人数に制限はございません。
Q4:料金は?
A4:(一例)
レギュラー講座(3時間)/150,000(税別)
※講座費用は、参加人数、講師人数、所要時間、教材等により異なります。
※講座で使用する新聞料金が別途発生しますが、講座代金に含めることも可能です。
Q5:受講時の持ち物や準備物は?
A5:・新聞・筆記具
※教材となる新聞は、当方で準備する、主催者様が準備する、参加者に持参してもらう、などの方法がございます。
Q6:受講時に必要な環境は?
A6:ホワイトボード
Q7:その他注意点は?
A7:各講師の担当可能エリアを事前にご確認ください。セミナーの内容は、主催者様のご要望や参加者のニーズに応じてカスタマイズいたします。担当講師又は事務局へ事前にご相談ください。

セミナーを依頼する

 

 

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

前の記事

SG梅田