名義と贈与税の関係ついて

■相談者 
バスフリーもこ 様/20歳~29歳/男性

■相談内容 
ご担当者様

お世話になります。
この度、結婚しマイホームを購入しようとしている27歳です。
マイホームの購入にあたり、妻が頭金を出して、自分が住宅ローンを組む予定です。
ところが、不動産屋さんで「住宅に奥さんの名義を入れないと贈与税がかかりますよ」と言われてしまいました。
その時はあまり時間がなくて不動産屋さんで質問できなかったのですが、一体誰から誰への贈与なのでしょうか?

■回答内容 
こんにちは。自分予算プランナーの大石泉です。お問い合わせくださりありがとうございました。

住宅を購入すると、所有権を登記します。所有権は、購入にあたってどれだけの資金を負担したか、ということがポイントになります。例えば、4000万円の住宅を妻が1000万円の現金を拠出し、夫が3000万円の住宅ローンを組むならば、妻が4分の1、夫が4分の3の割合で、住宅の所有権をシェアすることになります。

妻が1000万円を負担したにもかかわらず、夫が100%の所有権を保有すると、妻の1000万円分が夫へ贈与されたとみなされ、課税の対象です。そのようなことを避けるには、負担割合に応じた、所有権の登記が必要です。

なお、税制には特例などあります。税務について詳しくは、税務所や税理士へもご確認ください。この度は、ご相談くださり、ありがとうございました。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...