読み会フライデーNO.17_WEB_2021/02/12

こんにちは。Manzaistの大石泉です。

「読み会フライデー」は、Manzaistが、Webセミナーやリアルセミナー、プレゼン等のアウトプットの場面で、最高のパフォーマンスを発揮するためにManzaistの仲間で行っている勉強会です。題材は、前日と当日の日経新聞・朝刊から選んだ自分のトップ記事です。

今回も充実の読み会フライデーでした。
‥‥‥‥‥
珍しく、複数名でかぶった記事は、2月11日のトップ記事「土地登記 相続3年内に/法制審答申 違反なら過料」だ。所有者不明の土地は全体の2割にのぼるが、相続から3年以内に登記申請しなければ、10万円以下の過料を科す、との法改正案についての記事。記事をピックアップしたManzaistのI氏と指導委員のM氏は、いずれもビジネスにおいてリアルに関わる内容とのことだった。

I氏は、過去、相続土地の所有者を探すのに、安政5年まで遡ったとか。
M氏も所有者不明土地には苦労していて、過料には賛成の立場。

Manzaist MO氏は、ドイツの事例をあげ日本は土地所有者の力が強すぎることを指摘。
すかさずM氏は、日本の土地登記の制度はドイツに由来するものだと応じる。

改正案は本国会で成立し、2023年度に施行予定。登記制度に関連してI氏が披露した定額小為替の利用法にM氏が共感するなど、記事がかぶることで、多角的な視野を学べるのも「読み会フライデー」の魅力だ。

最後にM氏が取り上げてくださった「奈良 中宮寺の国宝」展の記事。紹介されている飛鳥彫刻の最高峰である「菩薩半跏思惟像」は、小学生の頃、確か「弥勒菩薩」だと習った。「広隆寺の弥勒菩薩様より、中宮寺の菩薩様の方が、断然素敵で好き」などと知ったかぶりで話していた記憶がよみがえる。現在の正式名を知り、大宰府からお戻りになられた際は、奈良へご挨拶に伺いたいと思っている。

●その他のピックアップ記事

2/11付け
◎トヨタ、生産5年ぶり最高 ・トヨタ純利益1.9兆円
◎東日本大震災10年 検証・復興事業④ 遅れる廃炉、膨らむ賠償
◎モバイル金融 新興国席巻 所得は不問 口座数5年で3.5倍 日本勢出遅れ 展開急ぐ
◎(クランブル)海外勢の買い 潮目到来
◎「妊娠即帰国」という誤解 外国人実習生の乳児遺棄各地で

2/12付け
◎森会長、辞任へ 女性蔑視発言 五輪組織委 後任に川淵氏
◎中宮寺の国宝 慈悲の笑み、被災地包む 特別展「奈良 中宮寺の国宝」