年始の新聞で 2021 年の経済を展望しよう!_WEB_2021/01/16

第1部 磯邊崇氏

日々の新聞は「今」を伝える情報ツールですが、新年1月1日の新聞は「これから」を考えさせてくれます。

COVID-19の感染拡大という未曾有の生活環境ですが、皆さんと一緒に少し落ち着いて、展望を考えるヒントを探る時間を共有できたことが、とても有意義でした。

いつもの足元から、少しだけ遠く=未来に目を向ける機会になったなら幸いです。
ありがとうございました。

第2部 大石泉

1月恒例の新春勉強会。今年は初のweb開催となりました。全国からご参加くださり、御礼申し上げます。COVID-19が拡大しなければ、このようなこともなかったのかも、と思うと複雑な思いです。

さて、勉強会では、元旦と1月3日の特有の読み方のほか、様々な記事をもとに2021年を展望いたしました。2021年も課題山積。肝となるヒト・モノ・カネ・国も多々あり、カーボンゼロなど地球規模のテーマにも目が離せません。

元旦の日経新聞の特集「展望2021」では、8つのテーマが取り上げられていました。

  • デジタル改革/規制改革
  • 働きがい改革/多様な働き方
  • コロナワクチン開発
  • デジタル通貨
  • 地銀再編
  • 巨大IT規制へ
  • 変わる高齢者の働き方
  • 教育ICT元年

参加者の皆様へ興味のあるテーマを3つピックアップしてただきました。トップ2は、「働きがい改革」と「変わる高齢者の働き方」。この二つに約6割の票が集まりました!

参加者からは、「意外」との声もありましたが、皆様の興味関心はいかがでしょうか。「働き方改革」と言えば、アベノミクスの成長戦略の一つ。菅政権に変り、COVID-19のおかげ(?)で、想定を超えた展開となっています。DX(デジタルトランスフォーメーション)も絡んで、確かに2021の重要ファクターです。

ご参加者からは、「お正月の新聞って使える!」「読み過ごしていた所が面白かった」「元旦と3日の新聞に読み方や活かし方があるなんて、オドロキ」と多くの嬉しい感想をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。興味関心のあるテーマを追いかけて、また皆さまと共有できれば幸いです。本日は、ありがとうございました。

主催者より

当勉強会は、今年も経済情報を活用した勉強会を開催して参ります。勉強会の情報は、下記へアクセスしてご覧ください。次回の勉強会にてご一緒できれば幸いです。本年もよろしくお願いいたします!ありがとうございました。

https://man-zai.com/learn/seminar/sg-umeda/