40代・50代のための相続のお話&60代・70代のための老後資金計画のお話_大阪_2020/11/14

第1部「40代・50代のための相続のお話」講師:三好信行

ファイナンシャルプランナーの三好信行です。

今回は相続の基礎の部分のお話と事例を交えてお伝えしました。

コロナ禍ではありますが、リアルセミナーが開催できたことに感謝しながら和気藹々と共に学ばせていただきました。

相続は一つとして同じものはなしです。

 

第2部「60代・70代のための老後資金計画のお話」講師:大石泉

60代・70代の皆様向けに、資金計画の基礎と具体策についてお話ししました。

ポイントは、「人生は長い」ことの自覚と自分に適したプランニングです。

60歳の平均余命は23.97年。70歳は15.96年。資産運用には十分な期間があります。その一方で、シニアは時間的なリスク許容度は低い。このことも自覚すべきです。心掛けていただきたいのは「リスクの取り過ぎとリターンの高望み」。

「資産を殖やす」ことだけが資金計画ではなく、コストを減らし、資産を減らさないこと。そして、自宅などの資産の活用です。

セミナーでは、資産の活用法も含め、上記についてお話しました。「長寿社会をより豊かに生きる」ヒントとなれば幸いです。

ご参加くださった皆さま、大変ありがとうございました。


1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...