読み会フライデーNO.11_WEB_2020/11/06

こんにちは。Manzaistの大石泉です。

「読み会フライデー」は、Manzaistが、Webセミナーやリアルセミナー、プレゼン等のアウトプットの場面で、最高のパフォーマンスを発揮するためにManzaistの仲間で行っている勉強会です。題材は、前日と当日の日経新聞・朝刊から選んだ自分のトップ記事です。

ここ最近のトップ記事は「米国大統領選」。そろそろトランプ疲れ(?)の中、参加者がセレクトした記事は実にユニーク。対象だった11/5・11/6の日経朝刊は読みごたえある記事満載でしたが、さらに洗練されたインテリジェンスの共有は、非常に有益でした。一部をご紹介します。

 

●繋げて読む面白さ

(記事)11/6:インドネシア、景気後退。GDP7~9月3.49%減 行動制限響く

・インドネシアは、東南アジアの中で新型コロナウイルスの感染者数、死者数ともに最多。⇒コロナ対策で経済活動が停滞。
・ジョコ大統領は2日、外資誘致を促す制度一括改正(オムニバス)法に署名。※新聞にはオムニバス法に抗議する人々の写真が掲載されていました。

同記事に先立ち、11/1付朝刊に「欧米石油メジャー、インドネシアから撤退」のコラムが掲載されていました。景気後退の記事を読み、なるほどなぁと同コラムの内容の延長線上、川の流れがわかります。景気後退の記事だけではわからないこと(数値情報の背景)が同コラムに掲載されており、両者を繋げることで、点と点が繋がり、川の流れがよめ、さらなる川下を想像でき、対応策を検討できます。

繋げて読むこと、状況情報から類推することは、大変有益で、まさしくNIE.E的読み方です。

●注目記事

(記事)11/5:データセンター海上へ シンガポールのケッペルが試験 エネルギー最大3割減

・海上データセンター構想(DC)が動き出した。実用段階になれば、各地に広がる可能性大。
⇒海に囲まれたわが日本は追随できるだろうか。自身の経済感度、オピニオンが鍛えられる記事です。取り上げてくださった仲間に感謝!

 

 

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...