なぜ債券利回りが上がると株価は下がるのか

ども、ゆうたんです。

米株式相場の下落が続いていることを受けて、「米国株下落の概要」と「債券利回りと株価の関係」をまとめてみました。

米国株下落の概要

今朝(2020/09/09)の日経新聞で次のような記事がありました。

8日の米株式相場は大幅続落した。ダウ工業株30種平均の終値は先週末比632ドル42セント安の2万7500ドル89セント。8月に急上昇した大手IT(情報技術)株を中心に調整売りが強まった。IT株の多いナスダック総合指数は2日に付けた史上最高値からの下落率は10%を超えた。

日本時間で9月4日の夜あたりから、米雇用統計の失業率が予想を下回る→米10年債利回りの急騰(=債券価格の下落)→米株式市場が大暴落・・・といったニュースが大量に出回っていて、上記の引用記事は、その続報ということになります。

なぜ債券利回りが上がると株価は下がるのか

この流れを受けて、なぜ債券利回りが上がると株価は下がるのかについて説明します。

まず、株価はどのようにして求められるのか確認していきましょう。

一般的には、次のような計算式を使います。

株価(P)1株当たりの利益(EPS)×株価収益率(PER)

たとえば、1株当たりの利益が100円株価収益率が10倍なら、株価は1,000円になります。
そして、株価収益率が上がれば上がるほど株価は値上がりしやすくなります
1株当たりの利益がそのままで、株価収益率が20倍なら、株価は2,000円になりますね。

ただ、上記の式を見てるだけでは、なぜ債券利回りが株価に影響を与えるのかは説明できません。

実は、上記の計算式以外にもう一つ株価を求める計算式があります。

それが割引率を使った計算式です。
債券利回りが上がると株価が下がる、と言われているのは、この計算式に則っているからなのです。

株価(P)リターン(E)÷(金利(i)リスクプレミアム(p)利益成長率(g)

たとえば、リターンが100円金利が3%リスクプレミアムが3%利益成長率が5%なら、株価は10,000円になります。
金利が4%の場合はどうでしょう?(ほかは変わらないと仮定)
株価は5,000円になりますね。

この金利に代入する値というのが、債券利回りのパーセンテージなのです。
だから「債券利回りが上がると、株価は下がる」と説明できます。

おわりに

二つ目の式 P=E/(i+p-g) は、P=E/(r-g) のように、i+p の部分を「割引率 (r)」 だけで表記する場合があります。
今回の例で例えるなら、

企業の割引率(r) = 国債の金利(i) + 国債と比べた時の企業の返済能力の危なっかしさ(p)

ということになります。