「高齢者の資産形成」 家計管理と資産活用~明日を豊かに生きる~_兵庫_2020/09/29

こんにちは。自分予算プランナー大石泉です。

今回の会場「尼崎市立中央北生涯学習プラザ」は2019年4月にオープンした立派な建物の大ホール。ソーシャルディスタンスをとって、ゆったりと机が並べられていました。とても声が響いて、マイクがいらないくらいです。

今回の講座は、「みんなの尼崎大学」の専門講座の1コマ。参加者は、高齢者が中心です。頂戴したお題は「高齢者の資産形成」。なかなか難しいテーマです。

年金暮らしの世帯にとって、資産形成はハードルが高く、関心が高いのは、資産防衛だと言えます。一方、収支が黒字でゆとりある世帯では、資産形成としての投資も重要テーマです。

高齢者世帯の暮らしぶりは様々で、家計収支も幅が広く、例えば、「子育て世代」などと、ひとつのカテゴリで分類することは難しいのではないでしょうか。だからこそ、いわゆる「2000万円問題」などに振り回されることなく、我が家の家計の数字をもとに試算する必要があるのです。

さらに、生涯収支の過不足についての判断も、基準となるのは「自分にとっての豊かな暮らし」というモノサシです。

講座では、「自分にとっての豊かな暮らし」を考え、豊かな暮らしを時間軸でとらえる「ライフプランニング」を体験し、そして、「生涯収支の試算」ワーク(自分予算プランニング)に取り組みました。

少々乱暴な設定条件で行いましたが、生涯収支という考え方や試算方法の伝授について、十分な手応えを感じています。続きはきっと、自宅で試算していただいているに違いありません。きっかけを提供できれば、大成功です。

ご参加くださった皆様、尼崎市中央地域課の皆様、お世話になりありがとうございました。

大石泉