ライフプランセミナー(基本編)_大阪2019/10/07

こんにちは。自分予算プランナーの大石泉です。
事業所内で開催するライフプラン研修を担当して参りました。
対象者の年齢は、45歳と50歳です。

研修は、現在のお金と退職後のお金を試算し、キャリアプランとライフプランを考える内容です。
こちらの企業様のライフプラン研修は、対象年齢を限定して開催されます。
何年も担当していると、次第に女性社員の割合が高まっていくのがわかります。
そして、今回は、ろうあの方がご参加くださいました。手話通訳の方が3名入り、交代で手話通訳をしてくださいます。私も大昔に一度、手話を習ったことがありますが、今では自分の名前も覚えていない始末です。

研修のマネープランパートでは、制度の仕組みや計算方法を理解し、キャッシュフロー表を作成していくため、手話通訳の方と二人三脚で進行。外国語の通訳者もそうですが、手話通訳の方も様々な知識が必要なのだと実感しました。同時にダイバーシティの醍醐味も体験し、次の機会はこうしよう、ああしようと振り返ることができました。

そんなわけで、やや丁寧に解説し過ぎたためか、全体の進行は、少し押してしまいましたが、参加者の質問に丁寧に回答したことで、良い感想をいただけました。

今回の企業様のように、まずは40代でライフプランニングを行い、今と将来の自分と家族の暮らし、働き方、資産形成について、考えて欲しいです。お金を育てるには、時間を味方に付けるのが得策です。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...